2016年御礼

未分類
12 /31 2016
本年はこれまで以上に周囲に支えていただいた1年でした。
特に清澗寺家シリーズの完結及び「絢爛」と、自分の作家生活の集大成ともいえる作品を発行できたのは、ひとえに読者の皆様の応援あってこそです。
また、作品作りには欠かせないイラストレーターの先生にも毎回とてもお世話になりました。
シリーズのほかに趣味色の強い「淫紋の贄」「睡郷の獣」、キャラノベルの「東都日報絵師の事件帖 帝都の闇に潜む罪」など様々な作品を発行していただけてとても楽しかったです。
重ねて読者の皆様と関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!
2017年は前半はストックで諸々の本を出していただけますが、さすがに充電が足りないと思っているので、後半からはかなりのんびりな活動になります。とはいえ執筆をやめるわけではなく、お見かけの際はどうかよろしくお願いいたします!
それでは皆様、どうかよいお年をお迎えください。
ツイートの再掲となりますが、これにて年末のご挨拶とさせていただきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和泉桂

主にBL小説を書いています。