清澗寺家のラフ画公開(3)

清澗寺家
09 /25 2016
夜ごと蜜は滴りて(後)
※クリックすると大きくなります。
※禁無断転載、禁無断引用。どうかご協力をお願い申し上げます。

『夜ごと蜜は滴りて』雑誌掲載分後編の扉絵。2003年小説リンクスvol.2掲載。
清澗寺家シリーズはもともと『小説エクリプス』という雑誌に掲載していただいていたのですが、諸事情があって編集部が移籍。そのごたごたのあいだにこの作品を執筆していたので、シリーズを続けられるのかものすごく心配でした。もともと前後編×2本の予定だったのですが、それすらも叶わなくなるのではないかと。
結局、幻冬舎コミックスにレーベル移動が決まったのでほっとしたのを覚えています。
前編の扉と後編の扉では和貴の表情がまったく違っていて、その落差がすごく萌えです。新書の表紙も表情をどっちに寄せていただくかで悩んだのを覚えています。

『絢爛』に線画が掲載されておりますので、よろしかったら比べてみてくださいね。
こんな感じのラフなども掲載された『絢爛』はまだネット書店などで購入できるところもあるようなので、興味を抱いた方はどうかよろしくお願いいたします。→こちら
スポンサーサイト

清澗寺家のラフ画公開(2)

清澗寺家
09 /11 2016
罪の褥
※クリックすると大きくなります。
※禁無断転載、禁無断引用。どうかご協力をお願い申し上げます。

『罪の褥も濡れる夜』雑誌掲載分の扉絵。2005年4月号。おそらく前編ではないかと思います。
初めてラフをいただいたとき「モノクロなのにすごく細かい」って驚いたのを覚えています。そして完成原稿をいただいたときに、更に細かくなっていて驚いたものです。
個人的には冬貴の足を見ていただきたいのです。この足指の細部のエロス! お人形のように精緻でありながら、凄まじいエロスなのです。
なんかもうコメントすることは殆どないですよね。
このカップルにおいては、絵にしていただいたときのこの二人の関係性は常に対等だなと感じています。寄りかかっているようで、寄りかからない。むしろ、支えられているのは伏見のほうなのです。

『絢爛』に線画が掲載されておりますので、よろしかったら比べてみてくださいね。
こんな感じのラフなども掲載された『絢爛』はまだネット書店などで購入できるところもあるようなので、興味を抱いた方はどうかよろしくお願いいたします。→ 詳細

清澗寺家のラフ画公開(1)

清澗寺家
09 /05 2016
円陣闇丸先生とリンクス編集部からの許可をいただいたので、手許にある秘蔵ラフを少しずつ公開させていただきますね。
クラウディオのラフ
※クリックすると大きくなります。
※無断転載、無断引用はおやめください。よろしくお願いいたします。

キャララフの「ジェラルド」というのは、初期ではクラウディオの名前がジェラルドだったからなのです。
最初からクラウディオにしたかったのですが、当時の担当さんから「名前が長すぎて字数が勿体ない」と言われて止められておりました。というのも『せつなさは夜の媚薬』は全編書き下ろしなのですが、文字数がかなり多くなっていて入りきらないのが目に見えていたから、せめて名前だけでも短縮しようという知恵(?)だったんですね……。
しかしクラウディオは6文字だしジェラルドは5文字だから1文字しか変わらないですし、やっぱりどうしてもしっくり来なかったので、途中の稿から「クラウディオ」にさせていただいております。

ちなみに『せつなさ~』は雑誌掲載と思われてる方が多いようですが、初めてのオール書き下ろしなのです。セットの短編を和貴編にしたのは、当時そんなに道貴に人気がなかったうえにオール書き下ろしでは、道貴自身の認知度が足りなくて売れないのでは……と危惧し、担当さんと相談して和貴を再登場させたわけです。

このキャラクターラフはあまりの格好良さに『絢爛』に載せたかったのですが、私と編集部ともに手許にあるのがFAXでいただいたものだったので、画質の点からお蔵入りになりました。
『絢爛』に載せたものは、円陣先生が手許で保存してくださっていた原画です。
カラーイラスト以外にこんな感じのラフなども掲載された『絢爛』はまだネット書店などで購入できるところもあるようなので、興味を抱いた方はどうかよろしくお願いいたします。→ 詳細

「絢爛 ―清澗寺家プレミアムブック―」発売になりました

清澗寺家
07 /29 2016
絢爛
諸事情より大変長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでしたが、「絢爛 ―清澗寺家プレミアムブック―」ついに本日発売です! 計画自体はもう10年以上前からあり(じつは当初は第一部完結記念で出すはずだった)、代々の担当さんに申し送りされていたものの、なかなか本編を完結できなかった&ご時世的にこういう本を作っても売れるかどうか……と二転三転して本決まりになるまでかなりの時間を要しました。それでも今、関係者の皆様のご尽力のおかげでようやくここまでこぎ着けて感無量です。
15年にわたってシリーズにおつきあいくださり、たくさんのイラストを描いてくださった円陣闇丸先生と、この本をまとめるのに尽力してくださった現在の担当編集の落合様、そしてそしてとても綺麗な本に仕上げてくださったウチカワデザイン様には本当にお世話になりました。どれほど感謝してもし足りません。
途中で何度も挫けかけたので、こうして一冊にまとまるのは大変嬉しいです。こうしてまとめられたのは、何よりも、シリーズを応援してくださった皆様のお力があってのことです。ここまでの応援、心より感謝しております。どうもありがとうございました!

なお、P131のドラマCDキャスト名において、伏見義康役の遊佐浩二氏のお名前が漏れてしまっております。最終稿の段階で間違って削除されてしまったようで、大変申し訳ありませんでした。
以下、ちょっとした裏話や補足などです。「絢爛」のネタバレになりますので、ご注意くださいませ。

続きを読む

「絢爛 ~清澗寺家プレミアムブック~」について

清澗寺家
07 /29 2016
有り難いことに、シリーズ完結を記念し、何とファンブックを出していただくことになりました。
こちらは完全予約限定版となります。
「絢爛 ~清澗寺家プレミアムブック~」
2016年7月末日頃発売
B5サイズ・並製本・箱入り・132P
本体価格 3672円(本体3400円)
①清澗寺家シリーズ関連のカラーイラストをすべて収録+カラーイラスト描き下ろしも3点あり!
②モノクロイラストやラフを収録
③描き下ろし漫画・書き下ろし小説を掲載
④キャラクターデータ、間取り図、年表、相関図などの設定集
⑤円陣先生と和泉の対談
この本のメインとなるのは、無論円陣先生の麗しいイラストの数々です!
是非大きなサイズで堪能していただければ、と思っております。
なおこの本は完全予約受注生産です。予約〆切は2016年1月15日です。
発売になりましたが、余分に注文してくださった一部書店とネット書店では販売しています(追記に記載しました)。
公式ページ→http://www.gentosha-comics.net/news/2016/07/16071506.html

続きを読む

和泉桂

主にBL小説を書いています。