同人誌活動と近況報告
記事の内容

前へ | 次へ

2018年ありがとうございました!
2018/12/30 13:00

これからバタバタ忙しくなりそうなので、今のうちに2018年のお礼を。

20周年の記念本を出したあたりから心身共に疲れ気味で、しばらくインプットしようということで、今年はだいぶ出力を減らしてしまいました。ですが、それでも3冊の本を上梓できました。これも皆様の応援のおかげです!

「スープ屋かまくら来客簿 あやかしに聞く春野菜の夕焼け色スープ」(富士見L文庫)
「灰かぶりの婚姻 〜つがいのおとぎ話〜」(海王社GUSH文庫)
「恋は引く手に好手あり」(幻冬舎ルチル文庫)
の3冊です。

どの本も違うイラストレーターさんに挿画をつけていただき、それぞれにまったく違うテイストの本になったなと嬉しく思っています。
発行が上半期に集中していたので、後半はずっと水面下で仕事をしておりました。
おかげで来年は少なくとも3冊は新刊が出る予定です。ひさびさに新しいレーベルでも書かせていただくことになっていますので、そちらもお楽しみに! 
また、小説以外での初体験となるお仕事もいくつか水面下で動いております。デビュー20年以上経って、今尚新しいお仕事を経験させていただけるとは、と嬉しい気持ちでいっぱいです。あ、ちなみに断っておきますが、漫画を描くことではないです……(笑)。

同人誌では懸案だった「清澗寺家シリーズ文庫化記念小冊子」を発行し、ようやく皆様にお届けできました。こちらは長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。
また、冬貴関係の総集編である「千夜抄」を発行できたのはとても大きな記念になりました。こちらは2017年から計画していて3ヶ月以上作業期間を取っていたのに最後にバタバタになってしまいましたが、皆様に予約をしていただき助けていただいたおかげで、憂いなく装丁などにこだわることができました。ありがとうございました。自分のイメージを具現化してくださったデザイナーのsmee様と印刷の緑陽社のおかげで、とても素敵な本になったと思います。
ほかにも装丁に凝った本や自分でも半周回ってしまったような本など、あれこれチャレンジした一年だったように思います。

個人的には、カンボジア(アンコールワット)、ハワイ、ポルトガル(&ドイツ)と、三回も海外旅行に行けたのが楽しかったです。国内旅行は新潟、青森、仙台、山形、金沢、大阪などなど。
既にどこに行ったか忘れかけていて、Googleカレンダーを見て「あ、ここにも行ってた!」って発見する始末でした(笑)

お仕事に関しては1年のあいだに担当さんが代わったり、はたまた新しい出会いがあったり、自分から頑張ってみたり……仕事的には山あり谷ありでいつもよりも波乱のある一年でした。そして、とにかく紙の書籍を出し続けるのが如何に大変かを思い知った一年でもありました。
そんな中でも、こうして紙のお仕事をいただけるのは有り難いことだなと思いつつ、来年も萌えるお話を紡いで行けたらなと考えております。

来年もどうかよろしくお願いいたします。
皆様も、よいお年をお迎えください。

カテゴリ:未分類

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
ログイン
Powered By FC2ブログ